一匹のネズミ

偉人の名言 開運 ビジネス 海外

ディズニーも一匹のねずみから始まった。

更新日:

ウォルト・ディズニーの名言

ディズニーランドの生みの親「ウォルト・ディズニー」は、世界中の人々に夢と感動を与え続けてきた偉人である。

偉人ウォルト・ディズニーは、実兄ロイ・ディズニーと共に1923年、「ウォルト・ディズニー・カンパニー」を設立。

以来、アニメはもちろんディズニーランドを始めとしたテーマパークやメディアなどを運営する世界有数の総合企業にまで成長を遂げ、今なお全世界で事業の展開を続けている。

そんなディズニーのブランドでさえ、最初は、一匹のネズミから始まったことを、創設者のウォルト・ディズニーは、次のように語っている。

夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを。

引用元:ウォルトデイズニー名言集

All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them. I only hope that we don’t lose sight of one thing – that it was all started by a mouse.

ウォルトーの・デイズニーの主な製作作品

引用元:Wikipedia

アカデミー賞

1968年の米国の切手ディズニーのサイン
アカデミー賞の個人受賞最多記録をもつ。

  • 1931年 - 1932年 短編アニメ賞 『花と木
  • 1932年 名誉賞 ミッキーマウスの創造に対して
  • 1932年 - 1933年 短編アニメ賞 『三匹の子ぶた
  • 1934年 短編アニメ賞 『うさぎとかめ
  • 1935年 短編アニメ賞 『三匹の親なし子ねこ』
  • 1936年 短編アニメ賞 『田舎のねずみ』
  • 1937年 短編アニメ賞 『風車小屋のシンフォニー
  • 1939年 名誉賞 『白雪姫
  • 1938年 短編アニメ賞 『牡牛のフェルナンド』
  • 1939年 短編アニメ賞 『みにくいアヒルの子』
  • 1942年 名誉賞 『ファンタジア
  • 1941年 短編アニメ賞 『プルートのなやみ』
  • 1941年 アービング・G・タルバーグ賞
  • 1942年 短編アニメ賞 『総統の顔
  • 1948年 短編二巻賞 『あざらしの島』
  • 1950年 短編二巻賞 『ビーバーの谷』
  • 1951年 短編二巻賞 『大自然の片隅』
  • 1952年 短編二巻賞 『水鳥の生態』
  • 1953年 長編ドキュメンタリー映画賞 『砂漠は生きている
  • 1953年 短編ドキュメンタリ映画賞 『民族と自然/アラスカのエスキモー』
  • 1953年 短編二巻賞 『熊の楽園』
  • 1953年 短編アニメ賞 『プカドン交響曲』
  • 1954年 長編ドキュメンタリー映画賞 『滅びゆく大草原』
  • 1954年 短編ドキュメンタリー映画賞 『民族と自然/北極圏の人々』
  • 1958年 短編実写賞 『グランドキャニオン』
  • 1968年 短編アニメ賞 『プーさんと大あらし』

引用元:Wikipedia

-偉人の名言, 開運, ビジネス, 海外

Copyright© 海とブログ/umiblo/海ブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.